結婚指輪とは(婚約指輪との違いは?)

大好きなパートナーといよいよ結婚。そうなると結婚指輪を買うことと思います。ちょっと待って?婚約指輪だけではだめなの?結婚指輪にはどんな意味や由来があるの?相場はどれくらいなの?結婚指輪は初めて買うのが通常でしょうからわからないことだらけですね。そこで、結婚指輪についても基本的な知識を身につけていきましょう。

結婚指輪の由来

結婚指輪も婚約指輪と同じように習慣として始まったのは古代ローマと言われています。当時のローマ教皇が鉄の輪を結婚の誓いであることとして使い始めたそうです。ちなみに日本において結婚式で交換することが習慣化されたのは60年ほど前からと言われます。

結婚指輪は「マリッジリング」とも呼ばれ結婚の証として男女がペアのものを身につけます。婚約指輪は男性から女性に贈るものでしたね。

結婚指輪の意味

先ほども言いましたが、日本では結婚式で新郎と新婦が指輪を交換します。これは、当然ですが夫婦としてこれからの人生を歩んでいくことの誓いになります。そして、円形の指輪は「永遠に途切れることのない愛」を示します。絆を深めること、永遠に続く愛を象徴するのが結婚指輪になります。婚約指輪は愛の誓い、結婚指輪は結婚の証という意味ですね。

結婚指輪のデザイン

婚約指輪とは違ってお互いがつける結婚指輪ですので、男性でも違和感なくつけられるようなデザインがいいでしょう。

結婚指輪にもダイヤを入れるのが定番になっているようです。女性の場合には婚約指輪との重ねづけもできるデザインなどもいいですね。結婚式で交換しようと考えるのならば余裕を持った手配が必要になりますよ。

左手の薬指に指輪をはめる意味

結婚指輪は左手の薬指にはめるのが通常とされていますね。深く考えたことはないと思いますが意味はしっかりとあるようです。これは、古代のギリシャ神話に由来があるようです。左手の薬指は心臓につながる血管があると信じられていたようです。ハートにつながる左手、薬指にはめることでパートナーの心をつかむという由来があるといわれます。古代の方が考えることはロマンティックですね。

結婚指輪の相場(値段)

結婚指輪は婚約指輪よりも相場は安くなる傾向にあります。婚約指輪に関していうと2人分を合わせて23万円が平均相場とも言われます。指輪の意味合いが変わりますので相場も変わってくるわけですね。

まとめ

結婚指輪は「結婚の証」としてペアのものを買います。相場は婚約指輪よりは安くなります。男性でも違和感のないデザイン、お互いの一生を考えたものにしていく必要がありますね。

コメントを残す