ブランドにするか?ノーブランドにするか?

洋服やバッグや小物、アクセサリーにブランドがあるように、婚約指輪や結婚指輪にもブランドがあります。

これも以前紹介しましたが、ブランドの指輪については多くのメリットがあります。

「ブランド」という安心感やアフターサービスの充実。ショップスタッフの接客の質…。メリットは多くありますね。

しかし、ノーブランドにするという方法もあります。今回はノーブランドについてみていくことにします。

ノーブランドのメリット

婚約指輪、結婚指輪の有名ブランドには「カルティエ」、「ティファニー」、「ブルガリ」などがありましたね。それら以外のいわゆるノーブランドの最大のメリットは「安さ」になります。これは、例えばバッグや財布といったものも同じですよね?

ブランド品が高いのはデザイン料が入ってたりするからですね。指輪についていえば地金(ゴールドやシルバー)の量が多いものがあり高価になります。

ですから、ノーブランドでも良いというのならば、ダイヤの大きさや質をそのままにしていても値段を安くすることもできるのです。

例えば、「都民共済ブライダル」といったノーブランドのものがあります。名の通り、都民共済に加入している方が安く指輪を購入できるサービスになります。品質も高く、ブランドの指輪では40万円から50万円レベルのものが18万円ほどで買えたりもするようです。

どのような指輪にするかを考えるときに「ノーブランド」の指輪も選択肢に入れるのも悪くありません。二人でしっかり話し合いましょう。

ブランド品との比較

ブランド品であれば「信頼、安心」、ノーブランドであれば「値段」が魅力。また、特に女性であればブランドへのこだわりがあったりします。そこで、ノーブランドとしっかり比較していくことが大事になります。何を重視して購入するかということになりますね。

「一生に一度のものだから指輪くらいはブランドにしたい」と考えたり、「デザインもブランド品と見劣りしないから…」と思えばノーブランドでしょう。

どうしても婚約指輪や結婚指輪というと「ブランド」というイメージがあるかもしれませんがノーブランドもあるということを頭に入れておくだけで視野が広がります。

まとめ

特に国内のブランドであればショップも全国展開されていたりして、すぐ目につくかもしれません。しかし、ブランドにこだわりがなければノーブランドについてもリサーチしてみましょう。(街の宝石店、貴金属店など)そこから素敵な指輪を購入できるかもしれません。「ブランド品を選ぶな!」という意味ではなく、「視野を広げよう」ということですからね!

コメントを残す