婚約指輪・結婚指輪が完成するまでの流れ(スケジュール)

将来を考えるパートナーと購入を考える婚約指輪や結婚指輪。できるだけ早い段階でスケージュールを考えるほうがいいです。なぜなら、結婚式で指輪の交換をするのにそれに間に合わなかったり…。そんなことがあると本末転倒。そこで、婚約指輪、結婚指輪を購入するときの大まかなスケジュールをまとめてみます。

婚約指輪ができあがるまで(結婚式から考えて)

[1] 1年前
かなり早いように思いますが婚約指輪の場合、結婚式を挙げる日から1年前から婚約指輪をどんなものにするかを考えます。デザインや値段など、二人で話し合ってみましょう。インターネットや情報誌などを駆使して情報を収集します。

[2] 1年前から9カ月前
ある程度のイメージが膨らんだら、気になるお店に資料請求をするのがいいかもしれません。もしくは、実際にショップに足を運んでいろいろと情報を収集してどのショップがいいかを考えます。

[3] 9か月前から8カ月前
どのショップで購入するかを決めたら詳しい内容を相談していきます。決して安い買い物ではないですので購入方法などもしっかりと相談してくださいね。

[3] 8カ月前から6カ月前
デザインや金額など、すべてにおいて話がまとまったら注文をします。ものによっては納期の前後があると思いますので余裕をもった相談が必要です。

[5] 7か月前から6カ月前
婚約指輪が実際に手元に届く目安の時期になります。ダイヤの指輪の場合は保証書がつくと思いますので、なくさずに保管してください。アフターサービスの時に必要になります。

大まかなスケージュールは以上のようになります。最近は両家の顔合わせの時に婚約指輪を渡すことが多いようです。その時期は結婚式の半年前くらいだったりします。そこに間に合うようにスケジュールを考えます。

結婚指輪ができあがるまで(結婚式から考えて)

結婚指輪でも考える内容は一緒です。特に違ったことをする必要はありません。指輪が結婚式の1カ月前には手元にある状態を目指します。よって、以下のようになります。

[1] 1年前
どのような指輪にするかとその情報収集。

[2] 半年前
資料請求やショップを巡ってみて購入するショップを選ぶ。

[3] 半年から4カ月前
ショップで詳細を決定する。

[4] 4カ月前
指輪を決めて注文する。

[5] 3カ月から1カ月前
指輪が手元に届く。

特にこだわりがなければ婚約指輪を注文するショップに合わせて相談するとスムーズだと思います。いずれにしても、同時進行の時期がりますので情報や内容の管理には注意しましょう。

まとめ

婚約指輪、結婚指輪の購入は結婚式から考えて、およそ1年前から予定を立ててみてください。一生に一度のことになりますから内容も希望に合うように情報収集やショップでの相談もしっかり行いましょう。

コメントを残す