婚約指輪とは?

付き合っている大好きなパートナーといよいよ結婚を考えた時には「婚約指輪」の購入を考えたりしますよね?最近では婚約指輪の購入をしないカップルも増えているようですが…。一生の思い出に残したいですよね?でも、そもそも婚約指輪ってどんな意味があるのか…。値段ってどれくらいするの?という様々な疑問があることでしょう。そこで、まずは婚約指輪の基礎知識について身につけていきましょう。

婚約指輪の由来

婚約指輪は「エンゲージリング」と呼ばれます。名前くらいは聞いたことがありますかね?指輪の起源はエジプトの古代文明にもさかのぼることのこと。その当時、「結婚」を象形文字の円で表現し永遠に途切れないものの象徴にしたようです。なんか、ロマンチックですね。

さらに、古代のローマでは「結婚」より「婚約」に重きが置かれたようで誓いの儀式で指輪を贈ったことから婚約指輪が生まれたとも言われているようです。

婚約指輪が持つ意味

結婚は正式な書面を提出して所帯を同じにすることです。しかし、「婚約」は正式(公的)なものではありません。つまり、婚約指輪は結婚を約束する気持ちを形にしたものになります。古い歴史をさかのぼれば、男性から女性の家への高額な「手付金」という意味合いもあったようです。

現在はもっとロマンチックで「愛のカタチ」として贈るのが当たり前になっています。

婚約指輪が贈られるようになった時期

婚約指輪はいったいいつ頃から習慣として贈られるようになったのでしょうか?
エンゲージリングとして宝石がついた指輪を贈るようになったのは1477年と言われてます。ローマ帝国の皇帝になる、マキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだときが始まりと言われています。その時にダイヤモンドを使った指輪を贈りました。ダイヤモンドには「固い絆で結ばれる」というような意味が込められています。他にも、ダイヤは無色透明であることから「純粋で無垢」という意味もあるとのこと。

ちなみに、日本で婚約指輪を贈る習慣が始まったのは明治時代。さらに、高度経済成長期にダイヤモンドの輸入解禁が始まってからダイヤを使った指輪が定番になりました。

婚約指輪の相場(値段)

明確な根拠はないのですがあなたの月給にプラスアルファくらい。時には月給の3か月分とも言われたりします。値段にすれば30万円が平均的な相場と言われ、20万から40万円くらいの幅で考えるといいかもしれません。結婚指輪よりは少し高い傾向にあります。これには婚約指輪の歴史的な背景が関係するかもしれませんね。

まとめ

婚約指輪は愛を証明するものと言えます。婚約自体は公的な手続きはないものの二人の思い出になる大事なものになります。

コメントを残す